35歳で初めて出産しました

35歳の時に初めて出産しました。先生からは運動しなさいと言われていたのですが、出産前は破水するのが怖くてほとんど外出しませんでした。

36週ぐらいから軽い前駆陣痛とおしるしが1ヶ月ほど続き、なかなか強めの陣痛がきませんでした。40週になっても検診で子宮口が1センチしか開いておらず、先生から41週になっても陣痛が来なかったら、入院して陣痛促進剤を使っての出産になると言われました。

そして、41週になってもまったく陣痛が来ず、入院することになりました。入院してすぐに陣痛促進剤が投与されました。すぐに強めの陣痛が波のようにやってきて、これで子宮口がだんだん開いてくれたらいいなと思っていました。かなりきつい陣痛が続いたので、子宮口が開いたんじゃないかとチェックをしたのですが、それでも4センチしか開いていませんでした。こんなに辛いのにどうして開かないのだろうとかなりショックでした。

1日陣痛促進剤を投与しても、子宮口は開かず、今日はいったん止めて、明日また投与することになりました。陣痛促進剤は投与をやめると陣痛が収まるはずだったのですが、それから変に陣痛づいてしまい、一晩中5分おきの陣痛に襲われました。こんなに陣痛が来ているのにそれでも子宮口は全く開かず、体力だけ奪われていきました。

そして一睡もできず朝を迎え、これは陣痛促進剤を使っても意味がないと判断し、帝王切開を希望しました。先生もそのほうがいいかもしれないとの判断で、すぐに帝王切開での出産に切り替えました。こんなことになるなら初めから予定帝王切開にしておけばよかったと思いました。陣痛と帝王切開どちらも経験してほんとに大変でした。年齢が上がるほど産道が硬くなるそうで、35歳以上で初めて出産する人は気を付けたほうがいいかもしれません。